■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意

仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの後には、しばらく目が敏感な状態となってしまっているので、感染症にかかってしまう確率が高くなっているのです。

 

感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切った時の切り口から、何らかの細菌が入ってきてしまい引き起こされてしまいます。

 

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
もしも感染症の疑いがあるのでしたら、すぐにレーシックをしてくれた担当医に相談をするようにしてください。

スマートハウスにおまかせ
http://www.nichiei-group.co.jp/construction/



■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意ブログ:18-12-30

体重は減ったはずなのに、
なりたかった体型になっていない…
みなさまは、こんな事ありませんか?

例えば…
自分と同じ身長・体重の友達がいたとしますよね。
なのに、自分の方が太って見える。

体重だけ見たら細いはずなのに、
実際はそんなに細く見えない…
なんだかブルーな気持ちになってしまいますよね。

俺は着痩せタイプだったので、
実際の体重より少なく見られる事もありました。
しかし、それはあくまでも着痩せしているから…

やはり、同じ身長・体重の友達と比べると実際は太い!
すごく嫌だったんです。

頑張って減量だってしているのに、
なんで理想の体型にならないんだろう…
といつもモヤモヤしていました。

しかし、ある減量をやってみて
その理由が解ったんです。

それは、
体重を減らそうと
ご飯制限と体操だけ、頑張っていたからなんです。
体操は大切ですが、俺の場合無理しすぎていたんです。

そして、最も大切なご飯。
このご飯を俺はバランスよく改善するのではなく、
早く痩せようと制限していたのが間違っていたんです。

ご飯自体が偏ったり食べなかった事で体重は落ちても、
スタイルはついていかなかったという事だったんですね。

例えば、風邪の時、
ご飯が食べられなくて、寝込んでしまったとします。

元気になって体重を計ったら、食べられなかった分痩せていた。
しかし、それは痩せたのではなく、やつれただけですよね?

食べない減量も同じような感じなんだと思います。
体重は落ちたのに、なんだかやつれた印象がある。

俺はバランスよくご飯をして、
適度な体操をし始めてから、
体重とスタイルのバランスがとれてきたような気がします。