■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。 レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。

 

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

 

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。

よく当たる占い
http://petite-petal.com/area/



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:18-08-18

3〜4歳の子供って、
食べものを噛めないほど
くちいっぱいにつめこむことがありますよね。

いろいろな味を理解しはじめ、
美味しさがわかりはじめる時期なのですが、
小さなくち全体で一度にその感覚を味わいたいと、
くちいっぱいに入れてしまいます。

これは、
自分のくちの許容量が分かっていないこともありますが、
味覚が発達しはじめている証拠なんです。

同時にいろんな食べ物をくちに入れて味わうのは、
こんな幼児期から育まれるんですね。

つまり、ドンブリものを味わう基礎ができる時期なのです。

汚すから、危険だから…と親が単品ずつ食べさせたり、
ひとくちずつと厳しくしすぎると、
幼児はいろんな味を
同時にくちの中で感じることをができなくなってしまいますよ。

ある小学生の子供に、
親子丼を食べさせたら、
具の部分だけを全部食べてからご飯を食べはじめました。

はじめて親子丼を食べたというわけではなく、
他の食事もすべて単品ずつ片付けていくのです。
いわゆる一点喰いといわれるものです。

ドンブリものは、あまり上品なイメージではありませんが、
これを上手に食べて、
おいしいと感じることができる感覚は大事なことだと思います。

ところでドンブリものが、なぜおいしいかというと、
それは、なんと言ってもご飯といっしょだから…

ご飯には、ほのかな甘みがありますが、
いくぶんかの塩分を添えると、それがさらに際立ちおいしく感じます。

ご飯と別々に食べても同じような気がしますが、
丼にすると、
ご飯に味や香りの微妙なグラデーションがつくのです。

また、
様々な具材の食感もご飯と同時に味わうことができますから、
ひとくちという限られたスペースで
一度に味わえる快感というのも得られるわけです。