■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか



■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうかブログ:15-02-18


今日は寝不足です。

減量をしていると、
頑張ってもなかなか体重が減らなくなる、
停滞期というものに出くわします。

それまでは順調に体重が減っていたので、
どうしてもやる気が下がってきてしまうもんです。

減量を失敗する大半の人がこの時期に、
自暴自棄になり、やけ食いをしてしまったり、
減量を諦めてしまって、
せっかくの努力を水の泡にしてしまうんですよね。

でもね、
停滞期もいずれは終わるんですよ!
そして、また体重が減り始めるんです!
つまり、この時期をいかにして乗り切るかが
減量成功への鍵となるわけなんですね!

停滞期を上手く乗り切るために、
オレは、何か楽しいことに没頭するようにしています。

減量以外のことに没頭して、
停滞期のことを忘れることが出来れば
イライラせずに楽しく過ごせますよ!

停滞期が終わるのを何もせずに待っていると
まだかな、まだかな…と焦って、
24時間24時間が長く感じてしまいますからね。

もし何も没頭するものが無い、
見つからないというのであれば、
ファッション誌を見ることをお勧めします。

減量に成功して、
痩せたらこんな服着たいなとか、
こんな髪型したいなとか、
想像するだけで楽しくなりますよ。

それに、
減量に対するやる気も一段と強くなりますよ!

停滞期は、からだが痩せるための準備期間なんです。
停滞期があるからこそ、
健康的な減量ができるんです。

この時期を乗り切れば、
減量は次のステップに進みます。

停滞期を乗り切るコツは、決して諦めないことです。
減量のことを忘れられるような、
没頭できることを探して、
上手に、楽しく停滞期を乗り切りましょうね!

今日は、ここまで。
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

★メニュー

■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)メガネ不使用のレーシックガイド