■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか



■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうかブログ:17-05-15


女性は「ショートケーキには目がない」と言われるけれど、
ミーは、ショートケーキはたまに一つ食べれば良い方で、
むしろパンを食している方が幸せになれるタイプ。

主食は断然ご飯党ですが、
主食の要素&デザートの要素を併せ持つパン達は、
連日必ず1個は消化している特別な食べ物といえます。

会社の近所にある、
ミーが行きつけのパン屋さんは、
いつ行ってもお客さんが絶える事がない繁盛ぶり。

店舗は南欧風の雰囲気でかわいらしく、
いつもボサ・ノヴァやジャズがBGMでかかり、
ところ狭し!と多数の種類のパンが並んでいます。

そう!この「ところ狭し」というのが、
どうも購買意欲(食欲)をかきたてられるのよねぇ…

そのまま食べても十分味わえるフワフワの食パンから、
ランチタイムにぴったりのおかずパンの数々。
そしてデザートにぴったりのデニッシュ系まで、
もうワクワクしてしまいます。

その結果、
昼食の分として買いに行っても、
必ず3倍くらいの量を購入してしまう事に…

おとといも、各種パンでふくらんだ袋を持って会社へ戻ると、
ある社員から「そんなに!食べるんですか??」と
目を丸くして凝視されてしまいました。
言っておきますが、
後は夫とお子様へのお土産ですからね。

購入ばかりではなく、
ミーはサンドイッチ作りが得意。

9時食がパンの時には、
数種類のオープンサンドを作ってきますし、
サンドイッチを作るときには、
絶対に外さないセオリーに従い、念入りに…

それは必ず
「パンの隅々までしっかり味をつける」ということ。

カプっと頬張った時、
パンの四隅がパサッとしてはイヤなので、
どこから食べても「具」に行き着くのがミーのこだわりです。


■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか

★メニュー

■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)メガネ不使用のレーシックガイド