■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない



■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではないブログ:16-08-22


「彼氏との久しぶりのデートまでに痩せたい」
そんな女心っていじらしいですよね。

しかし急激な減量は禁物!
短い期間でやせればやせるほど、リバウンドする可能性が高くなりますし、
過激な減量の大半は不健康なものです。

やせたとしてもからだを壊したり、
最悪の場合、拒食症や過食症になってしまうリスクもあるのです。

それでも短期間で痩せたいという人は
週末だけ食べる事量を減らしたり、
カロリーの少ない食べる事に変えたりしてみると効果的かもしれません。

特に一日の中で、
食べる事量が多くてカロリーも多くなる夕食を減らすことは、
常識と言っても良いでしょう。

食べた後あまり活動しない夕食は少なめにしても、
からだにかかる負担は少なくて済みます。

逆に、一日の始まりの7時食は、
しっかり食べてもの一日中で消費することができますよね。

ただ、食べる事量を減らすということは
必然的に栄養が不足することにもなります。

完全に断食して減量する人がいますが、
それは絶対にしないほうがいいです。
ストレスで肌や胃腸を壊すことになる可能性があります。

減量の本来の意味は
食べることによって健康を保つという意味なのです。

どんなに痩せていてスタイルが良くても、
健康でなければ美しいとは言えませんよね。

急な減量も
普段の地道な努力があるからこそできることです。

日頃から適度な運動を心がけていれば
急に減量をする必要もないわけですから…

特に女性なら
いつでもキレイな自分が見せられるように、
美しいからだづくりを習慣づけたいですよね。

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

★メニュー

■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)メガネ不使用のレーシックガイド