■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない



■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではないブログ:17-10-31


減量を実践していると、
必ず体重の変化がなくなる時期が訪れます。
それが、減量の停滞期なのです。

大抵の場合、減量を始めると、
最初のうちはドンドン体重が落ちていきます。
それが楽しくて楽しくて仕方がないのですが、
停滞期になると、体重の減少の変化が
ピタッと止まってしまうんですよね。

自分では減量を頑張っているつもりなのに、
増えてしまうことすらあるかもしれません。

でも、減量をしていると、
必ず停滞期はやってくるのです。

逆に、停滞期のない減量は危険です。
もし、停滞期がなく、ずっと体重が落ち続けているのなら、
肉体を壊してしまわないうちに、
減量方法を見直した方が良いですよ!

減量の停滞期の期間は、人それぞれですが、
停滞期を早く乗り越える方法もあります。

それは、基礎代謝を上げることです。
減量の停滞期には基礎代謝が下がっていますので、
適度な運動などで基礎代謝を上げれば、
停滞期から早く抜け出せるでしょう。
とはいえ、過剰な運動は危険ですよ!

また、体重ではなく、
体脂肪を減らさなければ、
減量の意味がありません。

体重が減らないからと、
極端な食べる事制限をすれば、まず筋肉から落ちてしまい、
基礎代謝が下がるので、太りやすい肉体になってしまうだけです。

適度な運動をすることで筋肉がつけば、
一時的に体重が増えたように思っても、基礎代謝が上がるので、
いずれ体重も減り、スタイルがよくなるでしょう。

なので、
停滞期になってしまっても、焦らないで、
それまで通りの減量法を続けることが賢明なんです!

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない

★メニュー

■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)メガネ不使用のレーシックガイド