■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症



■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:14-01-18


減量のために体操するのは、
自分の好きなタイミングで良いんですよ!

寝る直前に軽くラジオ体操をしても、
仕事の合間を見つけて、
ラジオ体操しても問題ありません。

逆に
「この時間にこれをやらなければ」と
思ってしまうとこのことがかえって
プレッシャーになってくることがありますから、

時間があいたときに、
「ちょっと身体を動かそう」
という軽い気持ちでやってみましょう。

そうすれば、連日、体操を続けて行うことに
それほど苦痛は感じないはずです。

ただし、
あまりお勧めできない時間帯もあるんですよね。

まずは、ごはんを食べる前の体操は
極力避けるようにしましょう。

お腹がすいている時は、
エネルギーそのものが余りありませんから、
エネルギーを消費する体操は、身体に負担をかけるだけです。

また、ごはんを食べた直後の体操も
よい方法とは思えません。

経験された方はわかると思いますが、
食後スグに体操すると、気持ち悪くなってしまいます。

また、
お腹がけいれんを起こしたり…
お腹が痛くなったり…

すると、
「減量のために体操をしよう」
という、せっかくの意欲も、
なかなか長続きはしなくなってしまいます。

健康的な減量の第一の目標は
「体操を生活習慣の中に入れる」ということです。

体操をした時間の長さとか、
激しいかそうでないかということは
あまり気にしないでください。

できるだけ、連日、
しかも長期的に続けることを目標としましょう。

少し体操するだけでいいのです。

習慣づけるということを目標にして、
じっくりと続けることが、減量成功の秘訣なんです。

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症

★メニュー

■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)メガネ不使用のレーシックガイド