■レーシック情報:術後の安定までの日数

■レーシック情報:術後の安定までの日数



■レーシック情報:術後の安定までの日数ブログ:16-07-19


肺活量を増やして、心肺機能が高まると、心臓や肺が活発に働き、
そこから血液や酸素をもらった身体の各部が活性化され、
結果として基礎代謝量がアップするといわれています。

肺活量を増やすことは減量にはもちろん、
健康面でもとてもいい効果がるみたいですよ。

減量といえば
筋肉や脂肪にばかり目が行きがち…

でも肺活量や心肺機能に目を向けて、
さらに減量の成功率を
アップさせることができたらいいですよね。

当然ではありますが、
肺活量を増やすにはトレーニングが効果的です。

特に、ウォーキングなどの有酸素トレーニングがいいとされています。
毎日一定時間歩くだけでも、心肺機能はアップします。

また、姿勢を正すことも大切!
正しい姿勢を保つだけで、肺活量を上げて、
基礎代謝量を増やすという効果が期待できるんです。

姿勢を正すと、ずれていた内臓が正しい位置に戻って、
正常に働くようになるので、さらに基礎代謝量がアップする効果があります。

ところで、肺活量と聞けば
トレーニングや姿勢よりも先に思い浮かぶのは、深呼吸なのではないでしょうか。

意識せずに生活していると、
24時間に1回も深呼吸しないなんて人がいるかと思いますが、
24時間に数回意識して深呼吸をしてみましょう。

どんな深呼吸でも肺活量を増やす効果がありますから、
みなさまの知っている深呼吸で大丈夫です。

基礎代謝量をアップさせるにはさまざまな方法があるわけですが、
これらをいきなり全てやろうとすると無理がありますよね。

ポイントはトレーニングと姿勢です。
正しい姿勢で過ごして、継続的にトレーニングを行うことで、
基礎代謝量はアップするでしょう。

基礎代謝量の高い身体は、太りにくくやせやすい身体ということです。

・・・と、こんな事書いてみる
■レーシック情報:術後の安定までの日数

■レーシック情報:術後の安定までの日数

★メニュー

■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)メガネ不使用のレーシックガイド