■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について



■レーシック情報:レーシックでの視力回復についてブログ:16-11-13


ミー達夫婦は
ちょうど十年目に入ったところです。

おととい、ミーは、
妻のはめている結婚指輪に、
随分キズができていることに気がつきました。

十年目にもなれば、指輪もそんなになるんだね…
と話をしていた時、ミーは、ふと、
「そういえば、俺の結婚指輪どこにあるんだろう」
とクチに出しました。

「失くしちゃったんじゃないの?」
という妻の言葉を背に、
確かにここに仕舞ったはずだと、探してみると、やっぱりありました。

ミーは、大学生の頃から、
指やうでにアクセサリー等をつけると、
手首が痛くなるという症状がでるのでした。

指輪やブレスレットはおろか、
腕時計もできないくらい…

そんなミーも、指輪を買うことになりました。
今の妻と結婚するからです。

ところが、ミーは指輪をすることができません。
せっかくの結婚指輪だからと、結婚当初は試みてみましたが、
やっぱり手首が痛くなってしまうのです。

それでも、せめて身につけることだけはしておこうと、
持ち歩いたりもしましたが、それこそ失くしてしまいかねません。

そんなわけで、結局、ミーは、
十年目を迎えた今まで、結婚指輪をしていませんでした。
それどころか、指輪の存在そのものを忘れていたのです。

今なら指輪ができるかもしれない。

そう思って、その瞬間から結婚指輪をすることにしました。
すると、しばらく経っても手首は痛くなりません。
結局、その夕方は、手首が痛くなりませんでした。

翌7時、起きてみても、変化はありません。

その夕方。
次の7時。
そして、また、その夕方…
問題は起こりませんでした。

こうして、今日まで、
結婚指輪はミーの指に納まっています。
今まで仕舞ってあったから、ピカピカ光って…
まるで、結婚したばかりのようです。

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

★メニュー

■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)メガネ不使用のレーシックガイド