■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について



■レーシック情報:レーシックでの視力回復についてブログ:17-11-29


減量はしたいけど、体操はしたくない!
…という方は、たくさんおられるでしょうが、
ボクが思うに、体操することが一番手っ取り早くて、
簡単な減量だと思います。

カロリー計算をして、減量をする方もいますが、
毎食、毎食、カロリーのことを考えてご飯をするというのは、
本当に大変なことで、ウエストが満たされないだけではなく、
精神的なストレスもたまってしまいがちです。

それならば、
日々3食のカロリー計算をして減量をするよりも、
二日に1回、もしくはみっかに1回、
半時間だけ減量のことを考える方が、
よっぽど簡単だとボクは思うのです。

日々、減量のことを考えなくて良い!
それで、どれだけ精神的に楽になるか…
皆さんもぜひ一度試してみてください!

それに、これまで
「体操なしでも痩せられる○○減量」が、
数多くは登場し消えていった理由を考えると、
ネーミングだけの減量方法が、
いかに商品を売りたい企業の戦略かということがわかると思います。

ボクは、実際に体操を始めてみて思ったのですが、
体操は、ダイエットのためだけでなく、
日々の生活を元気に暮らすためにも、とても効果的です。

体操をしている状態は、体質を軽くしてくれますから、
自然と何をしていても気分が良くなってくるんです。

逆に、体操をしていないと、すぐに体質が疲れてしまって、
気分まで「早く休みたい」「早く座りたい」とだらけがち…

「体操をすると疲れる」と思って、これまでしてこなかった方は、
「体操をすると元気になる」と考えを変えて、
体操してみてはどうでしょうか?

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

■レーシック情報:レーシックでの視力回復について

★メニュー

■レーシック情報:術後の安定までの日数
■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
■レーシック情報:レーシックで老眼も治療可能
■レーシック情報:手術中に痛みがあるのかどうか
■レーシック情報:悩みの遠視もレーシックで治療
■レーシック情報:医師選びは知識と経験が大切
■レーシック情報:一時的なレーシックにおける後遺症
■レーシック情報:レーシック後には感染症に注意
■レーシック情報:レーシックでの視力回復について
■レーシック情報:レーシックは両目に限ったことではない


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)メガネ不使用のレーシックガイド