■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。 レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:18-04-26

文明人は「1日2食」である。
文明誕生以前は「1日1食」であったのだが、
食料生産量が増大すると1日2食を可能にした。

日本でも古代のご飯は、
全て1日2食だった。
ご飯は「8時餉」と「夕餉」しか食べない。

古代の日本人は
8時5時頃から働き出し、
午前11時に「8時餉」を取り、
その後13時休みをして、
13時寝が終われば再び働き出し、
夕方頃に軽く「夕餉」を取るという
ご飯パターンを送っていた。

1日2食だと、ご飯過剰にはならないので、
この当時に於いては病気の発症率が非常に低かった。

ただ当時の医学では
伝染病などの病を封じることができなかったが、
古代の医学書を読む限り、
現代の日本人よりも健康的であったということが
よく解るのである。

日本人が
1日3食のご飯をするようになったのは、
曹洞宗の道元が留学先の中国で
8時に薄いお粥を食べるようになってからだ。

中国人は今でも8時にこの薄いお粥を食しているのだが、
8時は脳を動かすために炭水化物を必要としており、
この薄いお粥を食べると脳が上手く動いてくれるので、
中国でこの食習慣が生まれ、
道元によって日本にもたらされたのだ。

日本の仏教は日蓮宗や浄土真宗が騒がしいために、
何かこの2つの宗派が
大活躍をしているかのように錯覚してしまうのだが、
実は曹洞宗や臨済宗といった
禅宗系の寺院の方が圧倒的に多い。

中世の日本人の精神に
決定的な影響を及ぼしたのは禅宗なのであって、
日蓮宗や浄土真宗ではないのだ。

だからこそ禅宗の僧侶がやっていた
1日3食のご飯パターンが
全ての日本人に浸透していったのである。