■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。 レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:19-01-18

減量では、
「摂取カロリー<消費カロリー」
の状態にする必要がありますよね。

そのためには食事制限が必要となるのですが、
多くの人は、食事制限を勘違いしています。
食事制限を
「食べないこと」と思っているのです。

確かに減量では
摂取カロリーを抑える必要があるのですが、
あくまでも
「摂取カロリーを減らす」ことであり
「食べない」ではないのです。

これを勘違いして
1日2食の食事しか食べない人がいますが、
これは確実にリバウンドしてしまう
間違った減量方法なのです。

1日3食は必ず食べるようにして、
その3食の食事から摂取カロリーを減らすのが
正しい減量の基本です。

でも世の中には、
減量に失敗する人が多いです。

3食きちんと食べて
摂取カロリーも抑えているけど痩せない…

それは食事方法がいい加減か
知識不足だからです。

「摂取カロリー<消費カロリー」の状態でも
「食事の質」と「食事の摂り方」に問題があれば
思うように痩せないのです。

まず、
1日のカロリー量を低く抑えても
そのカロリーの中身が重要です。

脂質が多いものや炭水化物を多く食べていれば、
摂取カロリーが少なくても痩せるわけがありません。

また、痩せない人の場合、
朝方はほとんど食べずに、11時ちょっと食べて、
21時たくさん食べる…
そんな食事の摂り方になっているのです。
これでは摂取カロリーが少なかったとしても、
体脂肪がつきやすいですね。

このように食事は
「3食」「質」「摂り方」の3つのポイントがあります。

決して難しいことではないので、
正しい食生活になるよう、自分の食事を見直しましょう。