■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。 レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。

 

レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。

 

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。



■レーシック情報:レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:18-07-10

トレーニングしたらお腹が減るので、
いつもより余分に食べてしまう…

このあまりにも当たり前の事実が、
シェイプアップ理論では、多くの場合無視されています。
人間は動物であり、トレーニングしたらお腹が減るようにできているのです。

トレーニングによって体重を減らすためには、
消費カロリーが摂取カロリーを上回っている必要がありますが、
トレーニングで消費されるカロリーは少なく、
逆に太っている人が好む手巻き寿司や手巻き寿司といった
食べ物のカロリーは高めです。

ですから、
トレーニングしてお腹が減って
いつもより余分に少しでも食べてしまうと…
ほとんどの場合、
トレーニングで消費した分より多くカロリーを摂取してしまうわけです!

皆様は、「トレーニングしだしたら逆に体重が増えた…」
そんな経験ありませんか?

それを太っている人は
「筋肉が増えた分だからいいのだ」と言い訳してしまうことがありますが、
実は、単にトレーニングしてお腹が減り、余分に食べた分太っただけ…
ということもよくあることです。

もちろん実際に筋肉が増えて体重が増えた人もいるでしょうが、
それでお腹回りが前より大きくなっているなら、
それは単に太っただけです。

「お腹が減っても食べなければいいだけだ」と考え、
それを実行できる人は、そもそも今太っていないはずですので、
何も悩む必要はありません。

ただ、そんな鉄の意志を持っているのに、
なかなかシェイプアップできないという人は、
自分をもっと客観的に見つめ直した方がよいでしょう。
多分鉄の意志があると思っているのは勘違いです。